マルタへの飛行機チケットとマルタのルア空港

Pocket
LINEで送る

マルタまでどうやっていけばいい?

日本からマルタまでは、残念ながら直行便はありません。
しかし、「いつかは行きたい」と思っているヨーロッパの国を経由させれば、マルタ行も夢のヨーロッパも同時に叶えることができます。

ルート①ヨーロッパの国で乗り換え
時間的にはこれが一番早くマルタにつきます。一度ドイツやフランスでEUへの入国審査をします。マルタもEUの一員なので、ドイツなどでEU入国の手続きをしてしまえば、マルタでは何もありません。

ルート②ドバイ乗り換え
エミレーツがドバイ経由でマルタに飛んでいます。便によってはマルタの直前で「キプロス」も経由することがあります。ドバイでは数時間、待ち時間がありますがキプロスでは飛行機から降りずに待ちます。ドバイの空港は広いので、待ち時間もゆったり過ごせそうです。

 

 

スカイスキャナーでまずは検索

どこの国から何の航空会社が出ているのか、というのは航空会社によって変更があったりするので今ここでは書きませんが、「スカイスキャナー」というインターネットのサービスをつかえば、色々な行き方と価格が同時に検索できます。

http://www.skyscanner.jp/

例えば2016年1月9日に出発し、17日に現地を発ちたい場合を見てみましょう。エミレーツが乗り継ぎ1回で76,560円とかなりお得。
オランダ航空(KLM)なら118380円ですが、少しお金を足して帰りはオランダに寄ってきてもいいですね。

スカイスキャナー

日本〜ヨーロッパの単純往復チケットをとり、ヨーロッパ都市〜マルタへの往復チケットを組み合わせる

英語に抵抗のない方なら、「日本〜主要ヨーロッパ都市」の単純往復を予約し、その都市からマルタ行の飛行機を別途手配するという手もあります。

単純往復であればかなり安くチケットが購入できる場合がありますし、マルタエアーは元々リーズナブルですし便数もありますので、乗り継ぎの時間帯さえあえばそのような方法もあります。

ロンドン、ミラノ、ローマ、パリなど、ヨーロッパの主要都市を含む32カ国を結ぶ「マルタエアー」もお勧めです。

http://www.airmalta.com/

マルタエアー

近場の旅行社へ行って再確認

オンラインでチケットをとることになれている人はよいですが、そうでなければ一応、近くの旅行会社で聞いてみましょう。自分が調べたチケットよりもよいルートのものが安くあるかもしれません。
また、自分でみていたチケットだと、乗り継ぎ時間が足りない!というようなことにもなりかねませんから、確認の意味も込めて旅行社に行ってみることをお勧めします。
旅行社では手数料がかかりますが、その分サポートがあるというケースもあります。
手数料を節約するなら、旅行社で確認したチケットをオンラインで購入すればカンペキです!

ルア国際空港(Luqa International Airport)について

空港自体は大きくないため、わかりやすく迷いません。

マルタ国際空港

主要エリアまでのアクセス

  • バス
    空港を出たらすぐにバス乗り場があります。
  • シャトルバス
    空港のカウンターで聞いてみてください。
  • タクシー
    行先によって値段が決まっています。空港内で手続きをし、支払いを済ませるという仕組みになっています。

    • Valletta(バレッタ)15ユーロ
    • Sliema(スリーマ)20ユーロ
    • St.Julians(セントジュリアン)20ユーロ

マルタに持ち込めるもの

・現金は 10,000ユーロまで
・お酒は18歳以上の人で、蒸留酒1本&ワイン1本(1リットル)まで
・ たばこは200本まで(EUから入国の場合は800本)
・香水60ml

持ち込めないものには 銃器類、わいせつ物、麻薬、偽造品、動植物などがあります。植物の種なども持ち込めませんので、種があるような食べ物(梅干しなど)には注意が必要です。

 

お土産は帰りに空港でも買えます

空港でもマルタのお土産はたいてい買えますので、お土産を探す時間も考慮して空港に向かわれるとよいでしょう。
バレッタで有名なカフェコルディナが発売しているマルタの塩やお菓子は、お土産にちょうどよさそうです。
ただしお塩は重いので重量にはご注意を!
マルタで買うべきものはこちらのページをご覧ください。

空港内のお土産店

空港で食べる

いわゆる「イタリアンレストラン」のような、きちんとしたレストランは2015年9月時点ではありませんでした。
どんなお店が入っているかは、空港HPよりご確認ください。

サンドイッチなどは温めてくれますが、たいていはサラダやパン、フルーツなどの軽食系になります。食事をきちんととりたい方は、町で食べてから移動されることをお勧めします。

空港内にあるカフェ

Pocket
LINEで送る