マルタで絶対食べておきたい名物料理

Pocket
LINEで送る

シーフード

最近では日本のスーパーでも「マルタ産マグロ」が見られるようになりましたが、マルタは地中海に囲まれた島ですから、どこででも新鮮でおいしいシーフードをいただくことができます。カニやエビのパスタやスープが絶品です。
季節がよければ「マルタのうに」も楽しんでください!
うにはマルタ語で’Rizza’、英語では’Sea Urchin’といいます。お店でうにのお料理がないか、聞いてみてください。

エビのリングイネ
エビのリングイネ 10.95ユーロ@ホテル併設レストラン

 

シーフードたくさんのパスタ
シーフードたくさんのパスタ 約12ユーロ@マルサシュロックの落ち着いたレストラン

ウサギやタコ料理

マルタの料理と言えばウサギ肉やタコが有名です。特にタコは日本のものと比べても格段に柔らかく、ぜひトライしていただきたいです。英語ではRabbit(ラビット)、Octopus(タコ)といいます。

rabbit
octopus

リコッタチーズ

リコッタチーズをふんだんに使った料理も有名で、リコッタチーズが入った甘くないチーズケーキ(パンのようなもの)やパスティッツィと呼ばれるパイ包みのようなものもあります。

cheese
cheese02

マルタ名物ビール、CISK(チスク)

マルタでビールといえばCISK。とても軽くて何杯でも飲めそうなラガータイプです。
夏は日差しがとても強いマルタですから、冷たく冷えたチスクで暑さをしのぎましょう!

cisk-beer

マルタのパン

一般家庭には毎朝出来立てが配達されるというマルタパン。外はカタいのでフランスパンのような感じかなと思いきや、中はもちもちしていてとてもクリーミー。あまりのおいしさに食べ過ぎにはご注意を!

bread

マルタワイン

一部では「マルタのワインはおいしくない」なんていう誤った情報があるようですが、それはきっと選び方が悪かったのでしょう。
マルタのワインはおいしいです!しかもフランスのシャンパンと同じ製法で作られたスパークリングワインという逸品もありますのでワイン好き・シャンパン好きの方は必見です。

wine03
wine02

 

「パスティッツィ」「ソーセージパイ」

これはいわば「マルタの食べ歩きフード」で、町のいたるところで下記のような店舗があります。地元の人になった気分で、庶民の味を楽しみましょう!

13092012_931530966960261_3844441777966082931_n

 

その他にも「サボテンの実」(Tal-Bajtar)という変わり種も。スーパーにも売っているそうですので見つけたらチャレンジしてみてください!

 

マルティーズコーヒー(マルタコーヒー)

カフェに入れば日本と同じように「エスプレッソ」や「カフェ・ラテ」などがありますが、もし「Maltese coffee」というものがあれば要注意!

「コーヒー」という名がついているものの、リキュールがはいっている「お酒」ですので、お酒が飲めない人や運転している人は頼めません!

コーヒーの上にクリームがのっていて、見た目は普通においしそうなウインナーコーヒーみたいな感じ。しかしそこに入っているのが、サボテンの実からできたリキュールなのです!他の国でもコーヒーにリキュールを入れるところはありますが、マルタではここでも「サボテン」が登場します。

プリニョータ(PLINJOLATA)

毎年2月に行われるマルタカーニバル期間だけ食べられる、マルタの伝統的なお菓子です。アーモンドの粉でできていて、そこにナッツやフルーツを加えたもの。
日本人の味覚では「甘すぎる~!!」という感じのようですが、名物ということですのでカーニバル期間中マルタに行かれる方は、ぜひ試してみてください!

画像:マルタ観光協会HPより

メニューの表記

Aljiotta(アリオッタ):魚介のスープ
Tuna(ツナ):まぐろ
Rabbit(ラビット) :ウサギ料理。ワイン煮込みのようなお料理が多いようです。
Bragioli(ブラジオリ):玉ねぎ、ソーセージ、トマトの牛肉巻き
Timpana(ティンパーナ):マカロニ・パイ
Lampuki(ランプーキ):白身の魚
Swordfish(ソードフィッシュ):メカジキ
Rizza/Sea Urchin(リッツァ/ シーウーチン):うに
Octopus(オクトパス):たこ
Tal-Bajtar:サボテンの実
Bebbux:エスカルゴ

Pocket
LINEで送る