マルタ留学の基本

Pocket
LINEで送る

マルタ島留学のおすすめ学校を見る(Go Globalページへ)


英語留学でなぜマルタ?

マルタ共和国で留学というと、「え?なぜマルタで英語?」と思われる方が多いようですが、イギリスの統治下にあったマルタでは、英語が公用語として使われています。(母国語はマルタ語)定年したイギリス人がマルタに移住することも多かったそうで、イギリス人が多く住みはじめたという背景もあるでしょう。

現在マルタには50校近い語学学校があります。

1週間・6万円~ 気軽・手軽に留学が可能

語学学校 授業の様子

物価の高いヨーロッパの中では大変リーズナブルなマルタ。語学学校では、午前の授業料とシェアアパート代をあわせて、1週間6万円程度で留学できます。(6-8月をのぞくオフシーズン)

「旅留学」とも言われますが、旅行と学びを一度に体験することができると人気を集めています。留学と言えば何年もかかるように思いますが、マルタの留学は1週間からでもOK。ホテルに泊まるより安く留学できるのです。

マルタ留学基礎知識

1.土日に到着、月曜から語学学校がスタート

留学と言っても、公の学校にいくのではなく、英語専門の語学学校に入学します。
マルタ短期留学をする場合、月曜から学校がスタートしますので、土日に到着しておくようにしてください。もちろん他の曜日に到着して、ホテルに滞在するというのでも構いませんが、学校の寮は基本的に土日がチェックインとなります。
(延泊可能なこともあるので相談してみてください)

2.初心者でもシニアでも大丈夫

シニアも楽しく英語を学んでいます
学校初日にレベル分けテストがあり、初心者は初心者コースにはいります。諸外国から来られる留学生は、日本人より英語力が低い人も多いのですが、「英語がはなせない」ことを全く気にしておらず、カタコトの英語で積極的に授業を受けておられます。そのような姿勢に刺激を受けた、という日本人の方も多く、英語力以外の学びもあるようです。
また、マルタで学ぶ年齢層も様々。50代、60代の方はたくさんおられますし、70代の方もおられます。ただし、夏は諸外国の高校生、大学生が多くなるため、それ以外の期間がよいかもしれません。中には「50代以上のコース」などもありますので、ご自身にあった学校を相談してみてください。

3.滞在は学校所有のアパートでも、個人手配のホテルでも

学校によって特徴があるマルタのシェアハウス
なるべく安く済ませようという場合は、学校が保有するシェアアパートが一番。寝室は個室が良い、という場合は、リビング、バスルーム、キッチンのみシェアということも可能ですし、「他の人と生活するのはちょっと……」という方には、ワンルームタイプの滞在施設もあります。
より快適に過ごしたい方は、ホテル滞在がオススメ。シェアアパートならではの楽しみもありますが、男女混合であることが多かったり、「若い人のテンションについていけない」「共有部をきれいに使わない人がいる」などという問題がないとも言えません。
シェアアパートでは洗濯機やキッチンがあります。
ホームステイも可能ですが、日本人感覚のようなホスピタリティはあまり期待できません。

4.旅だけでは感じられないマルタの魅力

マルタ旅行というと、2泊、3泊という人が多いのですが、留学であれば最短でも1週間。観光地だけでなく、マルタでの生活を楽しめます。観光地以外のマルタもステキなので、ぜひ飾り気のないマルタも楽しんでください。
マノエル劇場のコンサートはぜひ行っていただきたい!
観光地でない場所のほうがマルタらしさを感じることも。

5.申込は最低1か月前までに

手続きには1か月程度を要します。また、6-8月は諸外国の長期休暇と重なり、マルタのホテルや学校は大変混み合います。夏に行かれる方は、最低でも1月、2月頃までに手続きをすることをお勧めします。
マルタ留学の相談をする(Go Globalのページへとびます)

マルタ留学体験談

Go Globalの体験談も参考にしてみてください。

オトナの留学(1週間)

マルタ留学口コミ Maltalingua(マルタリングア)M.O.様(社会人・1週間)

オトナの留学(5週間)

マルタ留学口コミ Easy School(イージースクール) K.O.様(社会人留学 5週間)

親子留学(2週間)

マルタ親子留学 EC体験談 藤村様親子・川上様(2週間・お子さま9歳)

夫婦で留学(5週間)

マルタ留学体験談 Easy School(イージースクール)体瀬田様ご夫妻(社会人留学 4週間)

50代以上のシニア留学

マルタ留学体験談 EC Malta:埼玉県 加藤様 (社会人留学・1か月)

マルタ島留学のおすすめ学校を見る

お問い合わせ/お申し込みはこちらから
よくあるご質問

Pocket
LINEで送る

Facebook Comments