マルタの街~ヴァレッタ(バレッタ)

Pocket
LINEで送る

2018/5月更新

マルタ共和国の首都、バレッタ(Valetta)

バレッタはマルタの首都で、裁判所や議会など、政治の中心部となっています。街全体がユネスコの世界遺産に認定されている歴史ある街で、その昔、マルタ騎士団を率いたジャン・ド・ヴァレットにちなんでその名前が名付けられました。

バレッタは敵国から攻められた時に湊を守るための城(要塞)として築かれた城塞です。第二次世界大戦の時に空襲を受け、その多くが破壊されてしまいましたが、今でも残る美しいバロック様式の建物は必見です。

DSCF0975 2015-09-10 15.07.40

表通り「リパブリックストリート」

バレッタは小さな半島のようになっており、バスターミナルから半島の先、聖エルモ砦までまっすぐ続くのが「リパブリックストリート」です。この通り沿いには多くの店やレストランが並びます。まずはこのストリートを歩き、バレッタの全容を見てみてください。その後戻ってくるときには路地や裏通りに入って冒険してみましょう!

裏通り散策が楽しい!

メインストリートである「リパブリック・ストリート」を中心に、カフェやレストラン、ショップなどが立ち並びます。パリやミラノのような派手さはありませんが、落ち着いた大人の雰囲気があります。夜でも治安は悪くありませんが、なれた場所ではありませんから、なるべく複数人で行動されることをおすすめします。

2015-09-10 16.15.59 HDR

夜の裏通り。レストランのテーブルが出され、バレッタならではの雰囲気の中、マルタワインをいただきます。DSCF1078

マルタといえばネコの島で有名です。思ったほど多くはみませんでしたが、路地をのぞけばかわいいねこちゃんと出会えるかも。バルコニーも雰囲気があります。

IMG_1351 IMG_1345

街を歩くと路地の向こうは海!マルタならではの光景です。IMG_3913

坂道が多いので大きなスーツケースは持ち込まないのがGood!

バレッタのホテルは坂道の手前にありますが、「ホテルをチェックアウトしてからバレッタ観光をしよう」という場合などは、ホテルで少し預かってもらうのがよいでしょう。坂道だけでなく階段も多いですので、スーツケースがあるとなかなか大変です。

IMG_3930

絶対行っておきたいバレッタの観光名所

※タイトルをクリックすると口コミサイト「トリップアドバイザー」にとべます。

1:アッパーバラッカ ガーデン(Upper Barracca Gardens)

展望台のある公園で、古くからマルタの人々の憩いの場所です。

スリー・シティーズとよばれる対岸の街や、眼下には聖エルモ砦(※)とリカソリ砦に守られたグランド・ハーバーが見渡せ、マルタの中でも最も眺望のよい場所の一つでしょう。公園の中にはベンチやカフェなどもあり、のんびり読書や休憩をするには最適ですが、観光シーズン(5月~9月)は混雑が予想されますし、かなり暑いですので日差し対策はお忘れなく。

展望台から下をのぞくと、毎日12時と16時に時報の役割もかねて大砲が発射されますので、できればこの時間にあわせて行かれるとよいでしょう。

2:バレッタ ウォーターフロント

元々倉庫だったところをレストランにリノベーションし、再開発されたのがこの「ウォーターフロント」。グランド・ハーバーを眺めながら食事やドリンクを楽しめます。

ウォーターフロントにはアッパーバラッカガーデンズにあるエレベーターを降りていけばすぐにたどり着けます。エレベーターを降りる時は無料ですが、上がってくるときは1ユーロかかりますのでご注意を。

3:ローワーバラッカガーデンズ(Lower Barrakka Gardens)

アッパーバラッカガーデンの下にある公園は「ローワーバラッカガーデンズ」と呼ばれ、お散歩にちょうど良い庭園が広がります。ガーデンにはきれいなお花もたくさん咲いていて、癒されます。

2015-09-10 15.23.57 2015-09-10 15.29.54 HDR

マルタ在住の方からのアドバイスですが、バラッカガーデンは朝や昼間もよいですが、夕焼けの時間がオススメなのだとか。昼間に観光をした方も、時間があれば夕方にもぜひ行ってみてください。きっとすばらしいサンセットがみられるでしょう。

(※)聖エルモ砦は映画の「ミッドナイト・エクスプレス」のロケに使われた場所です。マルタに行く前に見ておくとより一層楽しめそうです!

ミッドナイト・エクスプレス [DVD]

4:聖ヨハネ大聖堂(St.John’s cocathedral) ※夕方がオススメ!

外から見ると石灰岩でできた質素でシンプルな建物ですが、中は想像を超えるバロック様式の豪華絢爛さが特徴の聖ヨハネ大聖堂。1578年、マルタ人であるジェロラモ・カッサールという建築家によって建てられました。

中央には祭壇や床はラピスラズリや大理石がふんだんにつかわれています。画家、マッティア・プレッティ作の絵画をはじめ、様々な彫刻と絵画を堪能することができます。天井画はヨハネの一生を表現したもので、ストーリーになっていますから、端から順番にみていくと面白いかもしれません。美術館ではマルタの画家、カラバッジョの絵画も見られます。

朝は団体客などが多くいるという情報がありますので、混雑を避けたい方は午後~夕方にどうぞ。

◆営業時間:
月曜~金曜 9時30分~16時30分 (最終入場は16時)
土曜日  9時30分~12時30分(最終入場は12時)
日曜・祝日は休館

◆料金:
10ユーロ(日本語のオーディオガイドつき)

聖ヨハネ大聖堂 公式HP:http://stjohnscocathedral.com/
聖ヨハネ大聖堂 公式Facebook :https://www.facebook.com/stjohnscocathedral

◆住所:St. John Street, Valletta, Island of Malta

5:聖パウロ遭難記念教会

聖ヨハネ大聖堂の裏側にひっそりとたたずむこの教会。西暦60年に聖パウロの乗った船が難破したのですが、それを記念して建てられた教会で、1639年に建築が始まり、1740年に奉納されたと伝えられています。写真のとおり、入り口はほんの小さなドアで控えめな看板があるのみなのですが、中に入ると広々とし、金でつくられた像や内装は圧巻です。

天井の絵はパウロのエピソードが描かれているのだとか。

住所:74 St.Paul Valletta
電話:+356 2122 3348
Facebookページ :https://www.facebook.com/ParroccaSanPawlNawfraguValletta/

6:騎士団長の宮殿 (Grand Masters Palace)

※2017年1月21日から騎士団長の宮殿の兵器庫が修復のため閉鎖(期間未定)

騎士団長ピエトロ・デル・モンテの命令により、建築家ジェラーロモ・カッサール(聖ヨハネ大聖堂の設計も手掛ける)が手掛けた宮殿で、現在は大統領府と議会として使用されています。マルタ騎士団が使用していた甲冑や大砲などが約6000点が展示され、マルタ騎士団の歴史を知ることができます。ヴァレッタのリパブリック通り、パレス広場の右側ある建物ですので場所もわかりやすく、バレッタ観光の目玉の一つです。

住所:Republic Street Marta
営業時間:10:00~17:00(入場16:30まで)
入場料:12ユーロ
休館日:1/1、復活祭前の金曜、12/24、12/25、12/31
※2017年1月21日から騎士団長の宮殿の兵器庫が修復のため閉鎖(期間未定)

7:カフェ コルディナ(Caffe Cordina)

1837年創業の老舗カフェです。なんといっても天井にフレスコ画をもつこの雰囲気がウリでしょう。テラス、というには広すぎる広場一面のテラス席は多くの人でにぎわっています。マルタの文化発展の一端を担ってきた、現地の人にとっても重要な憩いの場です。木曜夜8時からはジャズの演奏も楽しめます。チャージなどはありませんので、早めに行って席をとってください!

日曜は15時までですのでご注意を。

IMG_1365 (2)

◆営業時間:
月曜  8時~19時
火曜~土曜 8時~20時30分
日曜  8時~15時

◆住所: VLT 1114 Valletta Republic Street
公式HP:http://www.caffecordina.com/
Facebook:https://www.facebook.com/CaffeCordina/

↓その他オススメのレストランページもお役立てください!

マルタのオススメレストラン

IMG_4022

 

Pocket
LINEで送る